30代になってから転職をしたいと思い立った人が、まずすべきことはどんなことなのでしょう。30代で転職をしようと思うと年齢が壁になって立ちはだかります。30歳と29歳の差は意外と大きいものです。以前までは、年齢が求人を左右するのはごく自然なことでした。

今では、求人に関する法律の関係で、年齢を求人要項に加えることは難しくなりましたが、実際のところは年齢によって人を選びたい会社はたくさんあります。
募集年齢が明記されていなくても、求人内容を読んで、求めている人材の年齢の幅を推測することも必要です。

30代からの転職はまだまだ可能

30代での転職が絶対に不可能だというわけではありません。30代でも求人広告をしっかりと読み取り十分な対策をとれば転職をすることはできます。

何ができて、どんな実績を持っているかをはっきりさせることが、転職成功のコツです。この職種に関する技術は持っている、この方面ならば任せて欲しいという強みを有することです。

職務経歴を生かした戦法が有利

30代で転職をする以上は、10年は社会人として働いているはずです。
自分がどんなことをしてきたかを、見返してみてください。職場で自分に対する評価を教えてもらうなどして、参考にしてみましょう。

30代では、30代にしかない強みがありますので、その点を全面的に押し出せば20代と差をつけることができます。30代でも転職をしたい人はあきらめずに求人を探してみることをおすすめします。