面接対策は就職活動で避けては通れないものです。筆記試験の次は多くの場合は面接です。

就職活動で面接試験が行われるのは、筆記や書類審査だけで見えないところを直接顔を合わせることで知るためです。
面接の形式は会社によって様々ですが、何を聞かれるかはその場でないとわかりません。面接試験では、いざその場所に立ったらあがってしまって返済に詰まったり、答えないがない質問を受けてしまったりすることがあります。

面接で受ける質問の内容は色々です。面接官が応募者を見極める方法の一つとして、答えにくい質問や高圧的な質問をすることによって相手の反応を見るというものがあります。受ける人にとっては、本当にいやなものですが、わざとやっていると事を頭において冷静に答えなくてはなりません。
面接で聞かれやすいことは何か、ネットや口コミで調べておいて、心の準備と共にどんな答え方をするか考えておきましょう。一般的な質問から難しい質問まで想定問題などを作って、就職活動対策にすると良いと思います。

グループ形式で行われる面接では、グループ内での協調性やチームワーク力などが見られているようです。討論形式で話を進めるというグループ面接もありますので、自分の意見をわかりやすく明確にまとめるスキルを磨くといいでしょう。
就職活動をしている友人たちと協力して、模擬ディスカッションなどをしてみても良いと思います。就職活動では面接を制することができるかどうかがポイントです。面接対策は特にウエイトを置いて、様々な方法を使って納得のいくまで準備をしてください。