就職の活動をする時には、志望の動機を整理する必要があります。自己PRと同じくらい志望動機も就職活動時には、必要不可欠なものです。
面接担当者による質問の定番といえば志望動機である為、必ず面接に臨む前に内容を明確にしておくことが重要です。

スポンサーリンク

志望動機は鉄板で聞かれます

志望動機を明確にするには?

avatar
志望動機が大切なのはわかってるよ!その志望動機が思い浮かばないから困ってるんだ👊
avatar
そうだね、確かに志望動機を考えるのは億劫だ。
でも志望動機がスラスラ出てくるコツがあるんだよ。

応募した会社に入社してどうしたいのを考えれば志望動機が明確になってきます。

ポイント

・志望する会社にしかない魅力を見つける、なおかつ現在の会社で実現できないことも併せる

・自分のスキルで行かせる部分があればアピールする

✖ 勢いで押すのはダメ
〇 論理的に納得させるような内容で志望動機のセリフを作る


プラス@
どの会社にも風潮というものがあります、いわゆる本音の部分です。
その風潮はもちろん企業のホームページには書いていませんが、必ずこんな人が欲しいという風潮があります。うまくその部分を突ければ効果は抜群ですが、なかなかその風潮は調査しても見つけることはむつかしいです。
志望する会社の人にこっそりどんな人が欲しがっているのかを教えてもらえれば最強ですが。

ありのまま本音を話してはいけません

avatar
ありのままの自分をさらけ出して取ってほしいから本音を話すのは大事でしょ!
avatar
あまり本音を話しすぎるのも得策ではないかな?
志望動機というものは、脚色したほうがいいよ
avatar
じゃあ面接で嘘を突けと言っているの?嘘をついて入るのは良くないんじゃないの?後々ばれたり、、、
avatar
うん、嘘はダメだね
でも志望動機は脚色をするものなんだ、なぜなら面接官は社交的な部分も見ているからね。

つまり面接官は、「この人を会社に入れても人間関係を円滑に維持することができるのか?」どうかを見ているんだ
avatar
そうだったのか、じゃあ今度からは給料が高いから志望しましたというのは控えることにするか

内容をある程度決めておけば雰囲気に臆することなく望めるので、就職活動の対策として準備しておきましょう。

よく言われることですが、質問に対して思うことをそのまま話す必要はありません。就職活動時の面接では、給料が高いとか、会社が有名とかは本音だとしても、あまり本音をそのまま話さないほうが賢明です。
就職活動における適した内容の志望動機を整理しておくことは面接時の評価を左右する重要なポイントとなります。

企業研究を事前にしっかりと

企業研究を事前にしっかり行って、企業のことをよく理解した上で志望している点を面接担当者に伝えることが志望動機の対策では大切になります。また、応募する会社にとって自分がどのように貢献できるかを志望動機によって伝えるようにしましょう。
就職活動の対策を考えるときに必要なのは、自分が入社した場合にどれだけ価値ある人物になり得るだろうかという点です。

就職活動で面接試験に臨む際には、前もって志望動機について整理しておき、当日は余裕を持って受け答えできるようにしておきましょう。

転職エージェントとは?

下の記事で、転職エージェントについて詳しく知ることができます。
転職エージェントとは?オススメ転職エージェントはどこ?最低三社は登録しよう

詳細ページ