採用面接を突破しなければ、転職先を決めることはできません。

面接時での質問はいくつかありますが、代表的なものは志望動機です。
面接の場では、正しい答えが存在するわけではありませんので、志望動機も一人一人で違っているのが当たり前です。

スポンサーリンク

面接での志望動機での注意点

面接で志望動機を聞かれた時、正直に答えれば良いというものでは無いので、注意が必要です。
これを答えればOKというものはありませんが、志望動機について語る時に触れないほうがいいことはあります。この会社でなくてもよかったけれど、漠然と応募をしたという言い方をすると面接の場では低く評価されてしまいます。

伝え方を変える

同じ内容であったとしても、伝え方を考えることによって、面接担当者が受ける印象が随分と変わってくるのです。

事実との齟齬が起きない範囲で、面接官から好意的な評価をもらえるような言い方を工夫することが、志望動機を語る時のポイントです。

今まで自分がしてきたことと関連づけができるなら、そこが狙い目といえます。

反対に未経験の仕事へ応募する場合には、どのような志望動機にすれば良いのでしょうか。
経験者でなくても応募かできる仕事は色々ありますが、いずれの場合も、面接の時に志望動機を尋ねてくることが少なくありません。

志望動機は前もってセリフを用意しておく

企業によっては、特段理由なく応募した人よりは、関心を持ったきっかけを話せる人が信用されやすいようです。

嘘をつくのは推奨しませんが、ここで重要なのが、事実に基づいての脚色なら全然いいと思います。志望動機を脚色してストーリー性を持たせてそれをそのまま面接で話すだけです。

なぜその会社を選んだのか、勉強したい分野であることを強調すればさらに良い志望動機になります。
プラスアルファで今までしてきた仕事で学んだことやスキルが、未経験の分野であったとしても役立つ部分は絶対にどこかあります。その部分を見つけて脚色して、他分野でも自分の学んできたものが生かせるといったアピールはした方がいいです。

面接で緊張して上手くしゃべれないのは準備不足

ただ面接ってとても緊張しますよね。わかります僕も面接は嫌いでした。

そもそも大勢の前でしゃべるのが好きではありませんでしたし、人としゃべるのが好きではなかったですしね(笑)
ただ僕の場合は、営業職についてから客先でプレゼンテーションをめちゃくちゃさせられて、今はあんまり緊張はしなくなりました。

人間はどんな嫌いなことでも慣れてしまうということと、あと準備は完璧にしてましたので、うまくしゃべれないということはありませんでした。

面接やプレゼンで上手くしゃべれないのは準備不足が原因ということが一番大きいです。
初めは面接が緊張して上手くしゃべれないということは誰でもあります。稀に最初からすらすらしゃべれる猛者もいますが、、、

この時に大切なのがきちんと準備しているかどうかです。準備しているとそれだけ心に余裕が生まれます
面接で上手くしゃべるにはその余裕が大切です。

面接で緊張しないために

・準備をきちんとする
・場数を踏む

きちんと準備して頑張ってくださいね!

転職するなら転職エージェントを使いましょう

お勧め記事

転職エージェントをお探しなら↓
・転職エージェントとは?オススメ転職エージェントはどこ?お勧め転職エージェント会社