かならず転職活動において採用面接があります。
面接を通過することができなければ、良い履歴書を作成することができても、きちんとした職務経歴書ができても転職をすることはできません。

スポンサーリンク

面接は一回きり

何度も行っていれば面接でのやり取りや自己アピールは上手くいきますが、自分の希望する会社の面接というのは一度しか受けられません。
ここぞという面接のときにうっかりミスしてしまわないように前もってリハーサルをしておくことが大切だといえるでしょう。

リハーサルの仕方

リハーサルの仕方は、まず面接に慣れていないのであれば

・挨拶


・自己紹介


・よく聞かれるであろう王道の質問


・志望動機


この4つの流れを紙に書いて、自分が言うべきセリフについて紙に書いて脚本を作るのです。

その後流してセリフを読んでみて、おかしな部分は訂正してという風に練習します。

ある程度何を話すのか覚えてきたら、頭の中でシミュレーションをしてみるのです。

シミュレーションで上手くいけば、面接になれていなくても本番でそれなりにしゃべることができます。

ただし弱点もあります、想定していなかった質問が飛んでくる場合があります。
そこは慣れていればアドリブで答えれますが、面接慣れしている方はそういないでしょうから。
分からなければ素直にわかりませんでも問題ありません。

裏技

転職エージェントに前もってどんな質問が来るのか聞くことができます。
私は毎回聞いていました(笑)

準備は入念に

必ず面接会場まで行く方法や会社のある場所を確認し、行くまでにかかる時間を調べておくようにしたほうが良いでしょう。


どんなふうによくある質問に答えるかなど、面接の細かい準備を面接を受ける前にあらかじめしっかりとしておくことが重要ではないでしょうか。

準備

・面接のリハーサル

・面接会場までの道のり


・募集要項をよく読んで、忘れ物がないように

おさらいも大切

直前になれば、前もって準備している人はもうおさらいは不要と思う人もいるのではないでしょうか。
そうはいっても本番になると肝心なことは忘れてしまうことがあるものなので、練習しておくことは大切なことです。
しっかりと転職の動機や自分のできることなどを、まとめて話せるようにしておくことが重要です。

忘れものをしないように

忘れ物をしないこときちんとした身なりで行くことも面接の基本だといえるでしょう。
スーツやワイシャツにアイロンをかけて、必要な書類はしっかりと支度しておきましょう。

面接を迎えるためにも早めに寝て、しっかりと体調を整えるように心がけましょう。

転職エージェントとは?

下の記事で、転職エージェントについて詳しく知ることができます。
転職エージェントとは?オススメ転職エージェントはどこ?最低三社は登録しよう

詳細ページ