転職を成功させるためには、なぜ転職をすることにしたか、動機をどう話すかが重要になります。そういう場ではネガティブなことをいうのは避けましょう。

スポンサーリンク

面接ではネガティブな発言はNG

自分をアピールする場である面接の場で、ネガティブな動機をするは避けましょう。

avatar
ネガティブはだめなのか!じゃあ僕はもうダメだ性格がネガティブだから、、、きっと面接にも落ちてしまう、、
avatar
とうま
性格がネガティブかどうかは置いておいて、、、少なくとも面接ではネガティブな発言はNGです

採用面接ではほぼ聞かれることですから、どう答えるかは決めておきたいところでしょう。
前提として、転職の動機にはネガティブなことを話さないようにすることです。

ネガティブな発言とは?

例えば、面接では、今の職場に苦手な人がいたとか、嫌な相手と問題が起きたという話は、転職を失敗させそこすれ、成功に導くことはありません。

avatar
とうま
面接官の同情を誘ったネガティブ発言はやめておこう!

また、前の仕事と比較すると楽そうだからという動機がったとしても、それを採用面接の場で話していい結果が得られるとは思えません。ネガティブな理由で仕事をやめた人を、別の会社で採用した場合は、似たようなことが起きた時にあっさり辞めてしまうのではないかと思われがちです。

例え、後ろ向きな理由で辞めたとしても言わないほうが良い

後ろ向きな理由で仕事をやめて、次の仕事を探しているという人は、少なくとも採用面接の場では、それは言わないことです。可能なら、前の仕事で得た実績やスキルを、次の会社でどういう形で活用していけるかを動機の中に混ぜ込むほうが、いい印象を持たれやすいでしょう。
前職で得たことが、次の仕事の内容にどう反映できるのか、全くイメージがわいてこないということもあるでしょう。

今の仕事を何も知らないことで、理解が早くなるということもあります。転職のための面接を受ける時は、事実を話す必要がありますが、ネガティブなことを話す必要はありません。

悪い過去はプラスの表現でアピールする

言い回しを変える

例えば、私のように前職が残業代が出ない会社で、なおかつ無料で残業をさせられていたということがあったなら

avatar
前職はどれだけ残業しても残業代がでなくて、ブラックだったので転職しようと思いました

というような言い方ではなく

avatar
とうま
前職は残業代を支給する制度がなかったので、いかにして仕事を効率的に終わらせるかということを考えながら仕事をしていましたので、貴社でも効率よく仕事を回せる自信があります


このように説明すれば、劣悪な環境で働きつつも、この人はそんな環境でプラスに考えて創意工夫ができる人だ!と思わせることができます。

実際このセリフは私自身が転職活動の面接で言ったことです。

残業代を支給する制度がない時点で、労働基準法ばりばり違反してるんですけどね(笑)

採用する側を安心させることができる

さらにこういった言い回しは、採用する側の警戒を解く意味もあります。

avatar
警戒を解く?警戒してるのは面接される側だけではないってこと?
avatar
そうだね、警戒するのは採用する側も同じだよ
例えば、自社より待遇の良いところで働いていたら辞退するのではないかとか、問題を起こすのではないかとかね

求職者は面接してもらう会社に対して、「ブラック企業ではないか」とか「面接官が高圧的だったらどうしよう」等少なくとも警戒してますよね?

それは採用する側も同じで、「この人は問題を起こすんではないか」とか「前の会社で素行が悪かったりしないか」等、少なくとも警戒はするわけです。

そこで先ほどのような、言い回しをしてあげると面接官は「なるほど!それは俺でもやめるわ!」というように安心させることができるわけです。

まとめ

ネガティブなことも、ものの見方を変えることでプラスの表現ができることがありますので、面接時にはうまく話せるようにしておきましょう。

お勧め記事

転職エージェントをお探しなら↓
・転職エージェントとは?オススメ転職エージェントはどこ?お勧め転職エージェント会社

派遣会社をお探しなら↓
・就職活動が終わらない、そんな時人材派遣会社へ登録するメリットとは?おすすめ派遣会社4選

祝い金アリのアルバイトをお探しなら↓
採用でお金がもらえるアルバイト求人サイトとは?お勧めアルバイト求人サイト

日雇いバイトをお探しなら↓
・日払いの仕事の特徴とは?アルバイトと派遣とどう違うの?お勧めの日雇いサイト

主婦にピッタリの求人なら↓
・主婦が仕事探しをするには、主婦におすすめの在宅ワークの求人・アルバイト求人サイト一覧