就職や転職をするときは、自分の仕事の業界の研究をすることが必要になります。

スポンサーリンク

業界の知識の集め方

前提となる業界知識やこれからどうなっていくか、乗り越えるべき問題点などを踏まえて採用面接を受けるようにします。
どんな情報が欲しいかわかれば、ネットはとても便利なツールです。
転職サイトには業界の現状が書かれている場合もあるので、それをまず読んで頭の中に入れておきましょう。

業界の有名企業達のホームページをチェックする

業界内の有力企業のホームページをチェックすることで、わかってくることもあります。複数の企業の動向や事業内容を調べることで全体的にどういう問題意識を持っており、何を突破口にしたいと思っているかなどがわかります。

業界の研究を通して知ったことは、ノートにまとめるようにしておくことで、面接試験の対策をするときに活用できます。

業界研究は面接で役に立つ

各企業の面接内容は様々なものがありますが、大抵は志望の理由と自己PRが求められます。応募の理由や採用されたら何をしたいかを話す時には、業界について知ったことをさりげなく組み込みます。
就職の対策本に書かれているようなありきたりの回答では無く、その会社のことや業界のことをよく知っていれば、
面接官に対して
「おー、この子はきちんと業界研究ができているな」
良い印象を与えることができます。
業界に対して知識を持っている人なら、企業側の印象も良くなって、一緒に働ける人材だと思ってもらえるでしょう。

働いている人のリアルな声を知りたいときは?

とはいえ、ホームページ上だけでは職場環境までは分かりませんよね?
もっと働いている人のリアルの声を聴きたい!という人は多いことでしょう。

転職会議というサイトで会社名をで調べる

転職会議というサイトを使うと、働いている人・過去にその会社で働いたことのある人のリアルな評価が掛かれていたります。
そういった元社員の評判も参考にすることで、おのずとその会社に対するイメージがわくのではないでしょうか?

企業の採用面接を突破しやすいよう準備を整えたいなら、その仕事の業界についての研究をしっかりしておくことが肝心です。

転職会議は全ての評判やコメントを見るには無料会員登録をする必要があります。
簡単に終わりますので、就活の期間中は登録して求人に応募する前に積極的にみるようにしましょう。
私も転職活動中は、応募する企業全て転職会議で会社の評判を調べて、評判が良くないところは省いたりしてました。
こういった地雷回避としても役に立つので、会社の評判調査をするのは大切です。