できる限りの対策を一般常識の試験のために立てることが、就職試験に臨むにあたって重要なことです。
非常に簡単に感じる半面、まちがえることが即不合格につながることも、一般常識問題に関しては可能性としてあるようです。

スポンサーリンク

就職試験の一般常識の難易度は?

一般常識問題の内容は、特に就職試験の場合、小学、中学生レベルの問題が学力的には多くを占めています。

問題は幅広い

数学・英語・国語・社会・理科・文化・時事問題 等幅広い

企業が就職試験に一般常識を出す理由

会社に利益のある人物のみ、雇いたいから

企業が人材を募集する時はどういう場合でしょうか?
もちろん企業は将来会社の利益になる人物を欲しがっています。
この「利益」というのは、お金の部分だけではなくて、会社に対して様々なメリットをもたらしてくれることです。

逆に会社に不利益をもたらす人もいるのも事実です。
ではそういった問題児をあぶりだすのにどうするか?面接だけではその人の裏側は見えません。
というわけで、一般常識を採用試験に出題するのです。

一般常識に対してきちんと対策ができる人かどうかを見ている

たとえ会社に利益をだせる人物であったとしても、対策できているかできていないかは回答用紙を見ればすぐにわかります。
採用側は
「この子は面接では緊張してたみたいだけど、一般常識がきちんと対策できている」
「面接では流ちょうにしゃべってたけど、一般常識が全然ダメだな、この子を採用してもプレゼンの対策とかできなさそう」
となる訳です。
一般常識ができる出来ないとかを見てるんじゃなくて、与えられた課題に対してきちんと準備ができる子なのか、できない子なのかを見ています。

一般常識の問題例

対策が立てにくいと感じる人もいるのは、一般常識と言っても範囲はとても広いからです。おおよそのイメージや出題傾向をつかむためにまずは就職試験用の参考書を1冊徹底的に学び理解しましょう。次に2冊目を完全に習得することで、ある程度の対策が立てられます。

出題例

一般常識は選択形式で出題される傾向が多いので、浅く広く知っておくことで結構答えることができます。
例えば下記のような選択式で出ます。

 
「環太平洋パートナーシップ」の略称とは次のうちどれ?

 

A:TPP B:WWA C:WHO


Aが正解

選択問題は浅く広くしっていれば以外に答えることができます。その他にも下のような幅広い問題がいろいろ出ます。

・イギリスのEU離脱について
・バブル崩壊はなぜ起こったのか?
・インフラは何か?
・因数分解

avatar
ちなみに私の会社では「三角関数」がでました、出題される問題に関しては会社ごとにバラバラだから、幅広く理解しておくことが大切です。
対策

一般常識は三択などの塗りつぶし選択様式で出題されるので、浅く広く知っておくとわりかし答えられます。

時事問題

出題されることがよくあるのが、時事問題や時事略語の説明などが一般常識として問題になっているものです。

ある程度事前に調べて正確に覚えておいたほうが、内容は年ごとにずいぶんと出題傾向が変わってくるので良いでしょう。一般常識問題で就職試験のものは特に新聞の内容を元にして作っていることが多々あるそうです。

対策

時事問題は普段からスマホで見れるニュース記事を読んでおく

一般常識が高得点でも採用というわけではない。

たとえ一般常識が高得点でも採用されるとは限りません。
一般常識とはあくまで選択する時の評価ポイントが増えるだけなので、就活では一般常識だけ対策するのではなく、面接でどう話せば自然と自分のアピールポイントを伝えられるのかやSPI等の対策をしながら、同時並行でやりましょう。

一般常識のテスト対策のおすすめ教材

一般常識の対策なら、下記の教材がとてもお勧めですよ。

一般常識の対策にまさしくピッタリな、広く浅く一般常識を学べる教材です。
採用試験の一般常識テストは、選択式の問題形式なので、一般常識の対策としてはこのように浅く広く学べる教材がぴったりと言えるでしょう。

歴史/哲学/言語/心理/文化/経済/社会/芸術が網羅されており。
基本的に広く浅く学べます。読んでみて面白かったのが、何かを学びたい人って結構いると思うんです。
目的が決まっている人と違って、そういう人って何から学べばいいのかわからないですよね。そこでこの本を読むことで、自分は本当はどういうことに興味があるのかが分かります。
採用試験の一般常識対策としてだけではなく、そういったことも副次的にも学べる教材です。なので、楽しんで勉強できますよ。

まとめ

常に新聞を読んでいることは就職試験の対策にもなります。最近は新聞を読む習慣を持つ学生が少ないようです。いつでも新聞社のサイトを読むことが出来るのが、インターネットや携帯電話のWebサイトです。

ちょっとでも時間のある時には、就職試験の一般常識対策をするつもりで読む習慣をつけると良いでしょう。

お勧め記事

転職エージェントをお探しなら↓
・転職エージェントとは?オススメ転職エージェントはどこ?お勧め転職エージェント会社

派遣会社をお探しなら↓
・就職活動が終わらない、そんな時人材派遣会社へ登録するメリットとは?おすすめ派遣会社4選

祝い金アリのアルバイトをお探しなら↓
採用でお金がもらえるアルバイト求人サイトとは?お勧めアルバイト求人サイト

日雇いバイトをお探しなら↓
・日払いの仕事の特徴とは?アルバイトと派遣とどう違うの?お勧めの日雇いサイト

主婦にピッタリの求人なら↓
・主婦が仕事探しをするには、主婦におすすめの在宅ワークの求人・アルバイト求人サイト一覧