アメリカの就職活動では、インターネットの活用度合いが高いといいます。

会社によっては、エントリーと必要書類の提出はメールで行います。

採用面接は電話やスカイプを使うというところもあります。

アメリカの国土の広さ

非常にアメリカの国土が広いことや採用しているのは世界各地の人材であることがその理由です。
国内にアメリカの都市は散らばっており、ニューヨーク、ロサンゼルス、シリコンバレーなどが有名です。採用面接をうけるごとにそれぞれの都市まで出かけるとなると大変なことになるのが飛行機の費用です。

最近ではFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアが就職活動で活用されています。ソーシャルネットワークを利用して就職活動をすることで、より採用の可能性が高くなるという調査もあります。最近は、ソーシャルメディアを利用すれば世界中のどの人とでも3人を介せばつながれるという学説もあります。

よくアメリカの就職で言われるのは、本当に必要な情報は公開情報にはならず、口コミで伝わるということです。

企業も人材を探すにあたって、ソーシャルメディアをどんどん利用しています。

就職のチャンスをアメリカでつかむために大切なことは、ソーシャルメディアを利用してセルフブランディングを高めておくことなのです。