就職活動のためには、どんなことをすればいいか見当もつかないという人は意外と多いようです。就職活動とは、一体どういうことをするのでしょう。まず最初に会社説明会に参加して話を聞いてみるといいでしょう。会社説明会、就職セミナー等と呼ばれる企業の説明会では、就職を希望する学生や求職者を集めて、企業が就職試験の日程や会社のついての話をします。単純に会社説明を行うのみのところもあれば、面接や選考を行う会社もあります。事前に筆記用具を持参してくださいと書いてあった場合には筆記試験の可能性があります。就職活動を進めるにあたってOB訪問をすることも必要です。OBの人から就職活動の体験談や実際に働いてみての感想を聞きながら、職場のムードや企業側の思惑などを見さだめていきます。就職活動を成功させるための方法を聞くという形ではなく、会社についての情報を集めることがOB訪問のコツです。自然体を意識しつつも、敬語をきちんと使うことが、OBとのコミュニケーションのコツです。人事に情報が回される可能性もあります。インターシップという制度もあります。学生が一定期間企業の中で研修生として働くことで、自分の将来に関連のある就業体験を行うことができる制度です。企業はインターシップに参加した学生の中から採用対象者を探し出すことを目的としています。就職活動の前にインターシップに参加し自分をアピールするのも良い方法です。