仕事を探している人は、ハローワークに行くことで最新情報を知ることができます。

行ける範囲にハローワークがない、忙しくて行けないという人もいます。求人は新聞の広告や定期的に配付されている求人雑誌やフリーペーパーを利用した方が効率がいいと思っている方もいます。
最近は派遣会社に登録することで、仕事の情報が定期的に入手できるケースもよくあります。派遣社員のいいところは、求人量が多いこと採用される可能性が高いということにあります。

倍率の高い求人は、応募しても締め切っている場合もありますので、アンテナを常時張っておくことも仕事情報収集のポイントです。派遣やアウトソーシングの仕事の場合、掲載されている企業に応募しても、別の仕事を紹介されることもありますので、気をつけなければいけないでしょう。
衆目を集めるためだけにブラフの求人が掲載されている場合もあります。求人情報と確認した内容との齟齬が多きければ、断りを入れた方がいいこともあります。まずは派遣社員として仕事をしたい場合は、どういった仕事の条件になるのかあらかじめよく情報収集しておくことも重要です。派遣会社とどのような契約関係を結んだかによって、仕事の内容にも差が生じます。求人募集の条件と仕事の内容や報酬とに違いがある場合もありますので、仕事につく時には情報収集が欠かせません。