avatar
転職先選び失敗したかも、、、入社して半年しかたってないのにもう辞めたい、、、

希望する会社に転職することができて、しばらく働いてみたところ、思い描いていたものと落差を感じることがあります。

転職先を探す時にどれだけ入念な下調べをしていても、会社内部の人間にならなければ見えない事柄もあります。
もしも、成功させたつもりだった転職が、実際は大失敗だったことがわかったら、次にすべきことは一体何でしょうか。

スポンサーリンク

転職先で失敗したと感じるのは「転職の目的が定まっていない人」が多い

社会人経験3年未満の第二新卒に多い「目的が定まっていない」

avatar
転職したばかりなのにもう転職したくなったの?
avatar
やってみたかった仕事内容に引かれて転職したが、自分が思っていた仕事と違ったからやめたい。社内の雰囲気も悪いし、転職したい。

なぜ転職したのに、またすぐに転職をしたくなるのか?

社会人経験が浅いと、自分に何が向いているのか向いていないのかがあまりよくわかりません。
だから、目的が定まらずに転職活動をすると、転職活動に失敗しやすいです。

どうしても再転職したいなら

転職を考えても一年はいるつもりで

次の転職を考えるなら、新しい勤め先に1年はいるようにしたいものです。現在の会社に1年はいるつもりで、次の転職活動をする時のためにスキルを積んでおくなどの地道な努力が大事です。

今回は何が原因で転職に失敗したのかをきちんと掘り下げて、次回の転職活動ではこの失敗を二度としないように配慮することが大切になります。

短期間での転職のリスクを把握しておく

転職の成功、失敗は、客観的には何とも言えない部分もありますが、自分の中で早々に結論づけるような人もいます。

そして失敗だと思うと一気に気持ちが落ち込んでしまうものです。
人によっては、今の会社に見切りをつけて、次を目指して転職活動を始めてしまう人もいます。とはいえ、短期間で仕事を次々に変えていると新しい会社に採用されづらくなりますので要注意です。

avatar
短期間で転職を繰り返している人は、採用する側も
「この人採用してもすぐやめるんじゃないの?」

と不信感を持たせてしまいます。

まだ転職しないほうが良い人

1.別の会社ならうまくいくと思い込んでいるタイプ

別の会社ならうまくいくと思い込んでいるタイプです。
このタイプの人は、楽天的思考の人に多いです。
根拠もないが別の会社に行くと現状を変えられると思っている人は、再就職が失敗しやすいです。

こんな人はまず今の会社のどの部分が嫌だったのかを書き出してみることをお勧めします。

2.逃げ=辞める・転職になっている人

転職は逃げ場所を探す活動ではなく、キャリアUPするための前向きな活動です。
嫌なことがあったり、上司とそりが合わない等、冷静になって考えたら自分が悪かったことに気づきます。
逃げで転職をするのはやめましょう。もちろんブラック企業からは問答無用で逃げてもOKです。

3.計画性なく転職をする人

計画性がなく、勢いでやめてしまった場合は、方向性やキャリアプランが定まってないので再就職先で公開することも多いです。

転職する時は、したたかに方向性・計画をきちんとしてやりましょう

4.他社を全く知らずに転職しようとする人

これとても多いです。どの職業に多いかというと公務員と大手企業に多いです。

ほんの一例ですが、
よくテレビのニュースなんかで、「大手企業の平均ボーナスは100万円となりました、うんたらかんたら」とよくボーナス時期になると、やたら大手のボーナス平均ばかり報道しますよね?
なので公務員や政治家などは、それが民間企業のボーナス基準と思っている人が多いです。
ですが現実では、中小企業で働くサラリーマンが多く、ボーナスは20万、30万が普通だったりします。いえ、それくらいあったらまだいい方で、
ボーナスは寸志だったり0円だったり、それが中小企業の普通です。

なので、他社の現状を知らず転職したいとだけ漠然と考えている方は、他社の現状をもっとよく知ることが大切です

avatar
 割合では、大企業で働く人が30%、中小企業が70%
ほとんどのサラリーマンが中小企業で働いてます。

「井の中の蛙大海を知らず」という言葉はよくできたもんで、大海を知ることで、いかに自分自身が恵まれた場所で働いているのかを知ることができる場合もあります。逆の場合もありますが、、、

転職時に自己分析と情報収集は必須

avatar
また転職先で「自分が思っていた仕事と違った」という風にならないように、
自己分析と情報収集をしっかりとしよう!

新しい会社に勤めだしてすぐのときは、与えられた職務をこなすことが精一杯で、不満点に気づくことも少ないものです。
けれど、転職して一定期間が経過すると今まで見えなかったものも見えてきて、新しく気がつくこともあるでしょう。けれども、今の段階で転職が成功か、失敗かを決定づける要素としては、足りないでしょう。

もしほんとに再転職がしたいとすれば、今度こそはしっかりと準備をすることが大切なのです。再転職の準備期間と思って今の会社で一年は働きましょう
一年働いているうちに仕事にやりがいを感じることができればそのまま働けばいいのです。

お勧め記事

転職エージェントをお探しなら↓
・転職エージェントとは?オススメ転職エージェントはどこ?お勧め転職エージェント会社

派遣会社をお探しなら↓
・就職活動が終わらない、そんな時人材派遣会社へ登録するメリットとは?おすすめ派遣会社4選

祝い金アリのアルバイトをお探しなら↓
採用でお金がもらえるアルバイト求人サイトとは?お勧めアルバイト求人サイト

日雇いバイトをお探しなら↓
・日払いの仕事の特徴とは?アルバイトと派遣とどう違うの?お勧めの日雇いサイト

主婦にピッタリの求人なら↓
・主婦が仕事探しをするには、主婦におすすめの在宅ワークの求人・アルバイト求人サイト一覧