avatar
第二新卒って言葉はよく耳にするけど、一体第二新卒って何なの?
avatar
第二新卒って転職に有利と聞いたんだけど僕は第二新卒?

このように第二新卒っていう言葉は知っているけど、誰を指す言葉なのかわからないという方は多いです。

第二新卒の定義をきちんと知っておかないと、第二新卒のつもりで就活したら実は自分は第二新卒ではなかったということにもなりかねません。

今回の解説のポイントは

 ・第二新卒とはだれを定義するのか?

 ・第二新卒はなぜ転職に有利なのか?


この二つを解説していきます。

スポンサーリンク

第二新卒とは?

第二新卒とはどのような意味なのでしょうか。

新卒で企業に就職しすぐに辞めてしまう人が多い昨今、新卒で就職した後1~3年で辞めた人を第二新卒といい、他の転職希望者と区別して考えます。

新卒の30%~40%は3年以内にやめてしまう

新卒で採用された社会人のうち、30~40%の人が3年未満で辞めてしまうという統計データもあります。

このような動きが珍しくなくなるにつれ、第二新卒という言葉ができ、第二新卒を対象とした求人の動きも出てきました

自分はホントに第二新卒?

実際には多くの人が、第二新卒という定義に当てはまるかどうか、きちんと理解していない場合も少なくない様です。

第二新卒のつもりでいるけれど、実際は違うという方も多いようです。第二新卒のつもりで転職活動をしていたところ、そもそも第二新卒でなかったために転職がうまくいかなかったということもあります。

応募条件のミスマッチにより採用される筈の無い企業に応募するという無駄な転職活動をする事になってしまいます。

第二新卒とはみなされない?

社会人経験が1年~3年ある方が第二新卒なので、卒業後から就職まで留学やその他の活動による空白期間がある方や卒業時期が秋だったという方は第二新卒とは見なされないことに注意をしてください。

新卒者もしくはフリーターという分類になる場合もあり、会社の採用条件にもよりますが、条件が合わない求職者として採用の見込みなしとされるかもしれません。

転職活動を第二新卒者として行う場合、第二新卒に該当するかどうか、自身をもう一度チェックするといいでしょう。

第二新卒が転職に有利と言われる理由

第二新卒という言葉が定着するにつれ、転職の世界でも第二新卒を評価し、良いところを積極的に見ようとしているようです。

なぜ第二新卒は転職に有利なのかを解説いたします。

1.基本のビジネスマナーは学んでいる

社会人経験が1年~3年ある人が第二新卒なので、ほとんど基本的な敬語やビジネスマナーを学んでいるのが第二新卒の特徴です。

なので、研修制度があまり整っていない中小企業が第二新卒を採用したがる傾向が多いです。

2.コストが少ない

まずは採用コストが少ないです。新卒にかける採用コストと比べたら第二新卒はかなり採用コストを抑えることができます

先ほど言ったように、ビジネスマナーの基本はできているので、教育コストも少なく最短で即戦力を作りやすい

3.染めやすい

第二新卒は1~3年ほど会社に在籍したからと言っても、短期間では前の会社に染まってはいません。なので柔軟に現在の会社にも馴染んでくれると企業は考えているし、実際にそうなのです。

会社に染まっている人という人は既にその会社の固定概念が染みついてしまっているので、

別の会社に転職しても「なかなか慣れない」「または反発する」ということが少なくないのです。その点第二新卒は染まっていない分会社としても扱いやすいし教育しやすいのです。

4.掘り出し物が多いイメージ

第二新卒は掘り出し物が多いです。

例えば前職がブラック企業の場合の第二新卒は

ブラック企業に行ってしまって、底辺の会社を経験したからこそ転職した会社の普通の扱いでも感謝して不満をあまり言わない人を雇えるから会社は第二新卒を取りたがる

私の例で挙げてみましょう


新卒の時に入社したのがいわゆるブラック企業でした。前職のブラック会社では、お客さんに配るチラシすらも給料天引き、紙をだして印刷するのも給料天引きなんでも給料天引き残業代無しの超絶ブラック企業です。

まさに面接のときに聞いていた話と全然違う

外回りの営業でしたが、アイパッドを持たされていてそれでお客さん訪問したりしますが、アイパッドにはGPSがついていて、コンビニでトイレに行こうものなら速攻アイパット部隊から電話がかかってきます。で始末書ボーナス30%カットみたいな、、、
ちなみにその会社は営業マンを見張るアイパット部というくそみたいな部署まで作ってましたね。

というようなくそみたいなブラック企業でしたが1年でやめて、今の会社に転職しました。

転職後が普通の会社だったんです。普通の会社のありがたみが良く分かるのです。例えば、交通費支給だしGPSついてないし給料天引きじゃないしなどなど

というように、普通の中小企業はブラックで働いていた第二新卒を取りたがります。

実際仲の良い総務人事部にブラック企業で働いていた第二新卒狙いだという風にいつも言ってますからねぇ

長くなってしまいましたが、たとえ大企業やホワイト企業だろうと、その場所でしか働いたことがない人の中には、義務を果たさず権利ばかり主張する人ってかなりいるんですよね。

avatar
そういう人よりもブラック企業を経験した、底辺を知ってる第二新卒って、会社側からすれば掘り出し物なんです。

第二新卒のデメリット

そんな向かうところ敵なしのような第二新卒でも、当然デメリットも当然存在します。

1.すぐに会社を辞めたというイメージがついている

1~3年以内に辞めた人を第二新卒と呼びますが、かといっても早くに退職しているのは事実なので、明確な退職理由があった方がいいです。

例えば、給料が低かったからや定時で帰れなかったから等、普通の会社でもあり得るようなことや本音すぎることはあまり話さない方がいいでしょう。

ブラック企業のようなあからさまなことは話しても大丈夫だと思います。

会社側は、第二新卒を欲しがるとはいえ、退職理由を結構気にしていますので

2.新卒主義の会社には入れない

新卒主義のメーカーってたまにいますよね?私はなぜ新卒しか雇わないのか合理性を感じないのですが、新卒主義の会社には入れません

注意点


採用基準が会社によってまちまちなので、そもそも第二新卒を雇うメリットが見いだせていない会社については勿論募集はしていません。

第二新卒専門の転職エージェントがある

第二新卒の基本的な転職方法としましては、転職エージェントを使って転職します。

第二新卒用専門の転職エージェントに登録しておくことをお勧めします。

第二新卒専門の転職エージェントがマイナビジョブ20’s です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?第二新とはだれを指すのか、第二新卒はなぜ転職に有利なのかわかりましたか?

第二新卒とは?

新卒で就職した後1~3年で辞めた人を第二新卒と定義している

なぜ第二新卒は転職に有利なのか?

1.基本的な敬語やビジネスマナーを学んでいる
2.教育コストも少なく最短で即戦力を作りやすい
3.柔軟に現在の会社にも馴染んでくれる
4.ブラック企業で働いていた第二新卒狙いの企業が多い

このように企業にとってはデメリットよりもメリットの方が数多くあるわけで第二新卒を雇いたがります。

会社側からしてみれば、格安優良物件雇うコストも教育するコストも安くて、優秀で、文句も言わず逆に感謝してくれる

というようにかなり優良物件として第二新卒を見ています

転職したいならば第二新卒の内にすることをお勧めします。

お勧め記事

転職エージェントをお探しなら↓
・転職エージェントとは?オススメ転職エージェントはどこ?お勧め転職エージェント会社

派遣会社をお探しなら↓
・就職活動が終わらない、そんな時人材派遣会社へ登録するメリットとは?おすすめ派遣会社4選

祝い金アリのアルバイトをお探しなら↓
採用でお金がもらえるアルバイト求人サイトとは?お勧めアルバイト求人サイト

日雇いバイトをお探しなら↓
・日払いの仕事の特徴とは?アルバイトと派遣とどう違うの?お勧めの日雇いサイト

主婦にピッタリの求人なら↓
・主婦が仕事探しをするには、主婦におすすめの在宅ワークの求人・アルバイト求人サイト一覧