短期の求人は、正社員の仕事や長期で働くパートやアルバイトの仕事と違います。

仕事内容が明確で、何日間、何の仕事をするかはっきりさせた上で仕事をするのが短期の仕事の特徴です。
賃金は日払いや週払いなど仕事によって様々で、一日限りの仕事を行い、その日のうちに賃金を受け取ることもあります。

短期の仕事は訓練や技術が要求されるようなものは少なく、人数が集まれば対応できるような仕事になりやすいようです。
例として、建設現場の作業や野球場での販売などがあります。イベントの設営のような仕事は短期の求人も多いので、スポットで働きたい人におすすめです。

主に体を使うような仕事以外にも、単純作業や軽作業は、繁忙期に限って短期の求人が出るケースがあります。短期の仕事は、限られた期間内しか仕事ができないという人にはちょうどいいものでしょう。

いくらかのお金を稼ぐため、大学生や専業主婦が仕事をすることもあります。きつい職業だったとしても、短期の仕事なら気持ちを切りかえて乗りきることも不可能ではありません。

日払い形式であれば、その日の労働の対価をその日じゅうに受けとれます。短期の仕事は、最悪嫌になったらいつでも自分の都合で仕事をやめることができるという点で、気軽に働くことができます。

お勧め記事

転職エージェントをお探しなら↓
・転職エージェントとは?オススメ転職エージェントはどこ?お勧め転職エージェント会社

派遣会社をお探しなら↓
・就職活動が終わらない、そんな時人材派遣会社へ登録するメリットとは?おすすめ派遣会社4選

祝い金アリのアルバイトをお探しなら↓
採用でお金がもらえるアルバイト求人サイトとは?お勧めアルバイト求人サイト

日雇いバイトをお探しなら↓
・日払いの仕事の特徴とは?アルバイトと派遣とどう違うの?お勧めの日雇いサイト

主婦にピッタリの求人なら↓
・主婦が仕事探しをするには、主婦におすすめの在宅ワークの求人・アルバイト求人サイト一覧