どの条件を優先させて仕事を選ぶかを決定したら、次に行うべきことは転職活動への実際の取り組みです。

様々な転職サイトに求人情報があります。
ハローワークに日参したり、折り込みチラシや新聞広告で求人情報をチェックしていましたが、サイトの情報量はそれらの比ではありません。求人情報を見ても、つきたい仕事がなかなか見つからないという方は、職務経歴書の作成から着手します。

職務経歴書では、これまでどんな仕事をしてきたかを書いていきます。自分のアピールポイントはどこにあり、どんな仕事が向いているかがはっきりすれば、転職活動の向かう先も見えてきます。もしも取っておくと転職に有利な資格があるなら、仕事を探しながら資格を取るための取り組みも行います。

もしくは資格を取ってから転職活動を本格化するという手段もあります。大学を卒業したばかりの新卒と異なり、転職を希望する者は過去に得た技術や経験を持っているという強みがあります。逆に言うなら、アピールできるものがないと転職活動は困難だということです。転職活動では、自分が提供できることが、会社の要求に合致していると会社側に納得させることが大事です。転職活動を円滑に進めるため、職務経歴書で自分の能力をまとめておきましょう。